今の脱毛サロンは痛くない!安心してツルピカお肌に変わる脱毛サロンとは

レーザー脱毛や光脱毛は痛い?その原因を紹介

みなさん初めまして☆私は葉月といいます。

突然ですが、脱毛サロンを選ぶ際に、色々なことを考えると思いますが、

「脱毛施術に痛みがあるかどうか」

…が最も気になる人もいるのではないでしょうか。

私もその内の一人でした…。

私以外の方でも、レーザー脱毛や光脱毛で「痛み」を感じるという方は多いです。

「チクッとするくらい」
「輪ゴムをはじいたような感じ」
「痛くて我慢できない」
「ほとんど痛みを感じない」

など感じ方には個人差はありますが、痛みを感じないという人もいれば、痛みを感じている人もいます。

そもそも、なぜ、レーザー脱毛や光脱毛はこのような痛みを伴うのでしょうか?

毛根を破壊する時の熱による痛み

そもそもレーザー脱毛や光脱毛は、光の種類や波長など多少の違いますが、どちらも同じ仕組みによって脱毛をしています。

レーザー脱毛や光脱毛の光は、黒い色素のみに反応するという特徴を持っています。

そのため、光を照射することで、毛穴の奥の黒い色素(メラニン色素)に反応して毛根部分に熱を与え、毛根を破壊することで毛を生えにくくする、全く生えなくするというものが大まかな仕組みです。

肌表面に傷はなくても、毛穴の奥底ではレーザー脱毛や光脱毛によって毛根が破壊されるほどの熱が発生しています。

レーザー脱毛では200℃、光脱毛でも70℃もの高熱が毛根部分に発生しているのです。

レーザー脱毛や光脱毛が痛いと感じるのは、こうした高熱によって毛根が破壊される時の痛みなのです。

毛穴の炎症による痛み

レーザー脱毛や光脱毛を行う際には、肌の表面を保護するために冷却ジェルを使用することが多いです。

これはレーザー脱毛や光脱毛の熱から肌を保護する役割の他、熱による痛みを感じにくくするという作用もあります。

しかし、肌の表面は保護されていても、毛穴の内部までは保護できません。

直接光が作用する毛穴部分には、痛みを軽減させるケアまではされていないのです。

そのため、レーザー脱毛や光脱毛の光が毛穴の奥にある毛根を破壊する時に、毛穴部分に炎症を引き起こしてしまい、痛みを感じるというのが原因の一つでもあるのです。

皮膚が火傷することによる痛み

レーザー脱毛や光脱毛の光は黒い部分に反応をしますが、全ての部分に一定に反応をするわけではありません。

毛が濃い部分、毛が密集している部分など、黒い部分が集中している所に、特に強く反応をします。

このような部分では光の反応も強く、その分、熱も発生するので、肌に軽い火傷のような炎症が起ってしまう場合もあるのです。

また、黒の部分は毛根だけでなく、ホクロ、あざやシミ、そして色素沈着を起こしている部分などにも集中しているために、これらがある部分に光が照射されると、その熱による炎症で痛みを感じることがあります。

よく、「デリケートゾーンの脱毛は特に痛い」といいますが、これは毛が根深いというのもありますが、デリケートゾーンは色素沈着を起こしていることが多く、過剰に光が反応をしてしまい、痛みが強く出るということもあるのです。

さらに日焼けをすると肌全体にメラニン色素が増えてしまうから、痛みが強くなってしまいます。

痛くない!と評判の脱毛サロン紹介。痛くないのには理由があります。

では、どこの脱毛サロンも痛い施術なのか、というと、そうでもないです。

最近では、無痛、痛くない、が特徴の脱毛サロンも増えてきています。

最新の技術や機器が、施術時の痛みを取り除いているのです。

では代表的な、痛くない、無痛の脱毛サロンを紹介したいと思います。

ディオーネ(Dione)

ディオーネ

最初に、ハイパースキン法を採用しているディオーネを紹介したいと思います。

まず、毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあります。

毛は「成長期 → 退行期 → 休止期」という段階を繰り返し、生え変わりをしています。

一般的なレーザー脱毛や光脱毛は、毛の成長期に対しておこなわれるものです。

これに対しハイパースキン法は、今生えている成長期の毛に働きかけるのではなく、これから生えてくるであろう休止期の、毛の種に対しておこなう脱毛方法です。

そのため高熱で毛を焼く必要がないのです。

ハイパースキン法は体感温度36~38℃の特殊な光を照射して、毛の種にアプローチします。

高温を使わないため、ほぼ痛みは感じません。

そして肌にも優しいので、敏感肌やお子様でも安心して脱毛をすることができるのです。

今話題の子供脱毛(キッズ脱毛)、悩みや気になるポイントについてまとめてみました

また、一般的な脱毛サロンは毛の成長期に合わせて脱毛をおこなうため2~3ヶ月に1度しか施術できませんでした。

しかし、ディオーネが採用しているハイパースキン法なら1ヶ月、最短で2週間に1度の施術がおこなえて、さらに毎回、全身脱毛ができるから、脱毛完了のスピードがとても早いです。

ディオーネの全身脱毛の料金

12回コース 360,000円
6回コース 210,000円

※税別表記
※その他、部分脱毛プランあり

ストラッシュ(STLASSH)

ストラッシュ

ストラッシュは痛くない脱毛方法、SHR脱毛を採用しています。

SHR脱毛の4つの魅力と特徴!SHR式脱毛は流行しそう

SHR(スーパーヘアリムーバル)脱毛とは、毛周期に関係なく、どの時期の毛でも施術可能な最新技術の脱毛方法です。

一般的なレーザー脱毛、光脱毛は、一度にエネルギーを加えるために人によっては非常に強い痛みを感じやすく、またヤケドなどが生じていました。

しかしSHR脱毛では、毛包に光が届くまでに段階的に照射していくために、痛みはほとんどなく、じんわりした温かさを感じる程度です。

一度に急激な刺激を与えることは、肌にとって大きな負担となりますが、SHR脱毛はそういった負担がないです。

また、ストラッシュのSHR脱毛は毛包全体に作用するために、毛周期のどの段階の毛でも脱毛可能です。

だから2週間から1ヶ月のペースでサロンに通えるようになり、脱毛完了までにかかる時間を大幅に削減することができるのです。

ストラッシュの全身脱毛の料金

月額制 7,980円/月
6回パックプラン 95,760円
都度払い 初回21,980円

※税別表記
※その他、部分脱毛プランあり

ラココ(la coco)

La coco(ラココ

痛くないスピード脱毛を目指しているのがラココのSHR方式のルミクス脱毛です。

ラココのルミクス脱毛もSHR方式の脱毛方法なので、毛の毛周期に関係なく施術をおこなうことができます。

だから短期間での脱毛完了が可能です。

SHR脱毛とIPL脱毛、SSC脱毛を比較!自分に合った脱毛方法を選ぼう

一般的なレーザー脱毛、光脱毛のように、黒い色素に向けて集中的に脱毛処理を行うのではなく、広い範囲に向けてゆっくりと脱毛処理をおこなっていきます。

だから痛くなく、初めての方でも安心して脱毛施術を依頼することができるのです。

ラココの全身脱毛の料金

5回コース 69,000円
5回コース
(顔、VIOは除く)
49,000円

※税別表記
※その他、部分脱毛プランあり

その他、痛くないと評判の脱毛サロン

アイセル(iCELL)
脱毛サロンicell

アイセル脱毛の様子


ヴィトゥレ(Vitule)
ヴィトゥレ

手軽に思えるムダ毛の自己処理、実は多いデメリットとトラブル

「そもそも脱毛サロンに通う意味が分からない」
「自分で脱毛処理すればいいじゃん」

そう思う方も中にはいますよね?

カミソリやシェーバーなどを使うと自分で簡単に自己処理できてしまうので、脱毛サロンに通うこと自体が疑問に思う人、また、利用しようかどうか迷っているという人はたくさんいらっしゃると思います。

確かにムダ毛の自己処理は自宅で簡単に出来るのですが、自己処理脱毛には意外と多くのデメリットやトラブルが潜んでいるのをご存知ですか?

ここではムダ毛の自己処理で知っておきたいデメリットやトラブルについて、詳しく紹介していきたいと思います。

脱毛サロンの施術前の自己処理は施術による危険を回避する為に必要です

自己処理の種類とそのデメリット

カミソリ脱毛のデメリット

まずは自己処理の王道ともいえるカミソリ。

皆さんはカミソリを使った後に肌荒れを起こしてしまったことってあると思います。

私は脱毛サロンに通う前の、カミソリで自己処理をしていたとき、これがよくありました、

カミソリは、肌を保護してくれている角質までそり落としてしまうために、肌の保護機能が低下し、殺菌による炎症が起こりやすい状態になっています。

また、カミソリは毛穴から見えている部分だけしか処理できないので、毛穴に残った毛が、黒いブツブツになって余計に目立ってしまうというデメリットもあります。

さらに、肌触りもザラザラ感が残ってしまいます。

黒いブツブツやザラザラ感は心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

どういうことか。多分、すぐに理解してくれると思います。

ワックス脱毛のデメリット

ブラジリアンワックス脱毛に代表されるワックス脱毛。

脱毛用のワックスを、脱毛したい部分に塗り、これを一気に引きはがす脱毛方法です。

実は、ワックス脱毛は、肌に一番負担が大きいと言っても過言ではない、ムダ毛の自己処理方法なのです。

ビリっと剥がせば一気にムダ毛が無くなるので良いと思っている人もいますが、ワックス脱毛をした後に皮膚が赤くただれたり、ひどい場合は出血することもあります。

痛みに相当強い人でも、脱毛部位によっては涙が出るほどの非常に強い痛みを伴うのも特徴です。

毛抜きのデメリット

毛抜きを使って一本一本ムダ毛を抜いていく自己処理の方法もありますが、これは、まず恐ろしく時間がかかります。

全身のムダ毛を、毛抜きで全て処理をするのはほぼ不可能でしょう。

またカミソリやワックスと同じように、毛抜きも肌を傷つける点では同じです。

これらの自己処理によるトラブルについては、以下で詳しく書きますね。

自己処理による主なトラブル

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは皮膚の下で毛が成長してしまい、皮膚の外に出られなくなった毛のことです。

ではなぜ埋没毛が出来るのでしょうか。

自己処理ではカミソリにしろ、ワックスにしろ、毛抜きにしろ、お肌にとって相当なダメージになり、炎症も起こしやすくなるということは皆さん既にお分かりいただけたと思います。

実はここに埋没毛が出来るヒントが隠されています。

自己処理が原因で炎症を起こした肌は、炎症から肌を守ろうとして保護膜を作り、毛穴を塞いでしまうんです。

そのため毛が皮膚の外に出られずに成長してしまう、埋没毛が出来てしまいます。

埋没毛は放ってほくとしこりの原因や、さらなる炎症を起こすことにもなり、ひどい場合は手術で切開しなければならないこともあり、厄介な存在になる場合もあるのです。

色素沈着、瘢痕(はんこん)

自己処理をした後の炎症やダメージにより、肌のメラニン細胞が活性化してしまう場合があります。

これが、肌が黒ずんだように見える色素沈着で、特に目立ちやすいのがワキやビキニライン。

また傷ついた皮膚が元に戻ろうとするときに、瘢痕(はんこん)と呼ばれる赤い傷跡になって残ってしまうこともあります。

肌荒れ、乾燥

しつこいようですが、自己処理はお肌を傷つける以外の何ものでもないです。

本来、私たちの皮膚はとってもデリケート。

自己処理はどんな方法であっても肌荒れの大きな原因なります。

またカミソリの紹介のところで、「自己処理で角質ごと削り落とす=保護機能の低下」と書きましたが、保護機能が低下することで肌本来が持つ潤いをキープする力が弱まり、それが原因で肌が乾燥してしまい、よりひどい肌トラブルが起こることもあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

ムダ毛の自己処理で炎症を起こしているところにブドウ球菌という細菌が毛穴の中に入り込み、ニキビや吹出物に似たような形態で現れるのが毛嚢炎です。

毛嚢炎はれっきとした皮膚病の一つです。

毛嚢炎の中に膿が溜まってしまうこともあり、黒ずみの原因にもなってしまうこともあります。

ムダ毛の自己処理は一見お手軽に見えますが、正直、デメリットやトラブルのことを考えると、脱毛サロンに通う方が良いのは明らかだと思います。

今まで脱毛サロンに通うかどうか迷っていた方の参考になれば嬉しいです。

「脱毛サロンってどうなの?」という方に、メリットとデメリットを紹介

ただ、脱毛サロンに通うか迷っている人にとっては、脱毛サロンのメリット、デメリットが気になると思います。

ここでは、そのメリットとデメリットについて紹介していきます!

個人的には、脱毛サロンに通えば、気になるムダ毛が本当にツルッとなくなるのでおすすめですが…。

脱毛サロンの5つのメリット

ムダ毛を処理できるサロン脱毛、そのメリットは1つだけではありません!

メリットを5つ紹介しますね。

どんな部位でもプロの手によるムラなく脱毛ができる

自分でおこなう自己処理には限界があります。

最近では家庭用の脱毛器も登場していますが、部位によっては手が届きにくかったり、確認しにくい部位もあります。

そのため一部だけ毛が残ってしまうことも多く、自分で綺麗に、ムラなく脱毛するのは至難の業です。

しかし、サロン脱毛ならプロが、ムラなく綺麗に脱毛してくれます!

手の届かない場所でも綺麗に施術してもらえますし、脇やVIO部分など複雑な部位でもムラなく脱毛できますよ。

永久脱毛に近い効果が得られる

サロン脱毛で、永久脱毛に近い状態にすることは可能です。

一定期間通い続けることで、毛はほとんど生えてこなくなります。

ほぼツルツルの状態を維持できる!

これは大きなメリットですよね。

ムダ毛処理が楽になる

自分で何回処理しても生えてくるムダ毛、とっても厄介ですよね?

処理するには手間がかかってしまいますし、時間の無駄でしかありません。

この時間を他のことに使えたら…。そう思っている人も少なくないはずです。

サロン脱毛に通って、脱毛してもらえたら、面倒なお手入れがとっても楽!

自分で処理する必要がほとんどなくなるんです。

また、自己処理によって肌が荒れることもなくなりますし、肌荒れのために使っていたお手入れの時間もなくなります。

その上、幾度となく生えてくる毛にイライラすることもありません!

脱毛での肌トラブルが少ない

サロン脱毛で肌トラブルが起こることはほとんどありません。

自己処理よりもはるかに安全ですし、肌にもすごく優しいです。

さらに、万が一、トラブルが起きてもドクターサポートがあります!

脱毛サロンのドクターサポートのサービスは、今や常識です。

何かトラブルがあれば、専門医に診てもらえるので安心なんです。

外見に自信が持てるようになる

毛が生えている部分の露出はなるべく避けたいのはもちろんですよね?

自分のムダ毛が気になって、夏でも露出を控えたファッション、オシャレが楽しめない、そんな人も多いでしょう。

しかし、脱毛をすれば肌を出すことへの抵抗もなくなりますし、露出が多めのオシャレもできるようになります。

自分の外見にも自信が持てますよ☆

脱毛サロンの3つのデメリット

とても魅力的な脱毛サロンですが、デメリットについても考えなければなりません。

脱毛サロンで考えられるデメリットについて、解説していきます。

どうしてもお金がかかってしまう

脱毛サロンは自己処理と比べると、やはりお金が掛かってしまいます。

「脱毛にお金はかけられない」

そう考えている人も多いでしょう。

しかし、脱毛が完了すれば効果はずっと続きます。

ずっと処理する手間と、シェービングクリームや剃刀の料金について、今一度じっくりと考えてみましょう。

また、最近ではお得に脱毛できるサロンも増えていますよ。

店舗に何回も通わなければいけない

脱毛を終わらせるには、店舗に通う必要があります。

通うとなると時間も必要ですし、交通費が気になるという人もいるでしょう。

人によっては、通うことが負担に感じることもあると思います。

ただ、脱毛サロンは全国各地にあり、その数は増えつつあります。

お住いの地域や場所でサロンを選ぶこともできますし、土日や遅い時間に施術してもらえるサロンもあります。

通いやすいサロンを選べば、通うのも苦になりません!

予約が取れない時もある

人気サロンだと予約が取りづらいこともあります。

時期によっては数か月先予約が取れないということも。

脱毛を早く終わらせたい人、時間の都合が合わせにくい人にとっては、大きなデメリットですよね。

しかし、最近ではネット予約の拡充やスタッフの増員などで対応し、予約の取りづらさは徐々に改善しつつあります。

脱毛サロンのメリット、デメリットを比べた場合

脱毛サロンを通うにはメリットとデメリットがあります。

また、サロンの店舗でも同じことが言えます。

しかし、「ムダ毛」、「剛毛」、「自己処理がめんどくさい」と本気で悩む方にとってはデメリットよりメリットの方が確実に大きいですし、また、デメリットの点も、サロンの選び方次第でデメリットそのものがなくなります!

ムダ毛に悩む方にとって、脱毛サロンは非常に魅力的でおすすめです。

脱毛サロンを利用の迷っている人は、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

気になる毛の相談から始めてみましょう。

更新日:

Copyright© 痛くない脱毛サロンおすすめ紹介.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.