脱毛Q&A

アトピー肌の人は脱毛施術できない?アトピー肌の人が安心して脱毛する方法

更新日:

アトピー肌で困ることの一つがムダ毛処理です。

カミソリを使うとカミソリ負けを起こすし、毛抜きを使うと毛穴トラブルでブツブツが…。

何とかしようとすればするほど、デリケートな肌を痛めてしまうんですよね。

実はアトピー肌の人ほど、サロンやクリニックで脱毛をする方が良いんです。

アトピーの人が脱毛する時に気を付けておきたいポイントについて解説していくので、脱毛を検討してみてくださいね。

アトピー肌だと脱毛施術は断られる?

極度に荒れている状態であれば断られますが、こういった場合は基本的に施術可能です。

(各サロン・クリニックによって多少取り扱いが違うので、詳しくは問い合わせてみてください。)

  • 肌の状態が安定している
  • 医師の許可がある

通院中で飲み薬や塗り薬を処方されている場合や、肌に赤みやかゆみが起きている時は施術が難しいので、必ずかかりつけ医の確認が必要です。

サロンでも医師の同意書を提出すれば脱毛が可能ですが、トラブルが起きた時にすぐに対応ができません。

クリニックと提携しているサロンでも、サロンに医師が直接いるわけではないので、何かあった時に迅速に対処ができません。

肌トラブルが起きた時は時間を置かず、すぐにケアすることが大事です。

肌トラブルは時間が経つと重症化してしまう恐れがあります。

不安を感じる人は医師が常時在籍している脱毛クリニックを利用しましょう。

サロンよりは値段が高くなってしまいますが、安心できる方が良いですよね。

また、サロンよりも回数が少なく施術できるので、長期的に考えるとお得ですよ。

クリニックでは脱毛前に肌状態をチェックしてもらえるし、赤みや肌荒れといったトラブルが起きた時はすぐに診察を受けられます。

必要な場合は薬の処方もスピーディーにしてくれるので、安心ですね。

アトピーってどんな状態なの?

アトピー肌は、肌を保護するバリア機能が低下している状態で、外部からの刺激に弱くなっています。

健康な肌の人は免疫力により肌を守ることができますが、アトピーの人は過剰な免疫反応により皮膚に炎症を起こしてしまいます。

また、肌に水分を溜めておくことができないため、必要な水分が蒸発して、乾燥肌になりやすいです。

アトピーの主な症状はかゆみや湿疹。

一度症状が出るとすぐには改善しにくく、かゆみから肌を掻き、肌を傷つけて、さらに炎症と乾燥を引き起こすという悪循環に陥りやすくなっています。

飲み薬や塗り薬、生活習慣の見直しが主な改善方法です。

アトピー性皮膚炎の特徴|特定非営利活動法人日本アトピー協会

ステロイドを使用する時の注意点

ステロイドとは?

アトピーの治療方法の一つとしてステロイド剤の使用があります。

内服薬、外用薬があり、医師の診断と本人の希望により処方がされます。

炎症をコントロールするのが目的で、ステロイドを適切な量、回数で使用することによって炎症を鎮めることができます。

ステロイドは効果が高いのがメリットですが、長期間使用すると副作用を引き起こす可能性があります。

ただ、それほど危険視することはありません。

ステロイドはアトピー以外の治療にも使われているので、怖いものではないので安心してください。

医師に指示された量をきちんと使用すると症状は改善します。

症状が改善すると、それまで使っていた1日の使用量を減らしたり、使用頻度を減らしたりすることができます。

医師は副作用が起きないよう、その人の症状に合った治療法を提案します。

「ステロイドは怖い」という思い込みから、量を減らしたり途中でやめたりすると、逆に症状が悪化するので危険です。

薬を出されているのになかなか治らない、という人は、指定された量を使用していない可能性があります。

心当たりがありませんか?

きちんと治療するには、その時の症状に合った適切な治療法を選択することが大事です。

信頼できる医師を探して、じっくりと治療を行いましょう。

ステロイド利用者の脱毛施術の注意点

ステロイドを使用している人は、脱毛する時に注意が必要です。

ステロイドの塗り薬を施術日当日に塗っている場合は、施術ができません。

ステロイドの上から脱毛を行うと感染症や色素沈着を起こしたりと、肌トラブルの原因になります。

医師から使用頻度を減らしても良い、と言われている時は脱毛が可能ですが、毎日使用するように指示されている時は脱毛不可。

ステロイドを処方されていても、塗っていない場所なら脱毛してくれる場合があるので、相談してみてください。

飲み薬の場合は、服用中でも脱毛可能なケースが多くなっています。

ただし、中には脱毛施術NGだったり、服用中止後一定期間時間が経っていないと、脱毛施術を拒否される場合があります。

取り扱いは各サロン、クリニックによって異なるので、確認が必要です。

脱毛したらアトピーが悪化しない?

基本的には脱毛してもアトピーは悪化しないと言われていますが、人によっては悪化することがあります。

可能性が高いのが、長期間ステロイドの使用をしている人。

ステロイドを使用すると、免疫力が下がっているので、脱毛の刺激によって炎症やかゆみが出てしまうことがあります。

アトピーを悪化させないためには、肌状態をその都度チェックして、状態に適した脱毛を行うのがポイントです。

サロンの場合は、たとえ脱毛の実績が高くても皮膚の専門的な知識があるとは言えません。

クリニックだと医師の目で肌状態をチェックして、それぞれに合った出力で施術したり、部分的に照射を避けたりすることが可能です。

アトピーの悪化が気になる人は、肌状態を適切に診断できる専門医がいる脱毛クリニックを利用しましょう。

また、脱毛クリニックによって使用している脱毛機器は違います。

最新機種だと、敏感肌や色素沈着が起きた肌でも使用できるものもあります。

「ジェントルレーズPro」、「メディオスターNeXTPro」は、アトピー肌に適していると言われています。

医療脱毛は痛くない?その秘密は脱毛機にあった

複数の脱毛機器を使い分けているクリニックだと肌に合った脱毛が受けられるのでおすすめですよ。

カウンセリングの時に尋ねてみてくださいね。

もしアトピーが悪化した時は、休会や退会を行うことになります。

どのくらいの期間休会できるのか、解約料金はどのくらいかかるのかを契約前にチェックしておくと安心ですね。

アトピーでも脱毛は可能

アトピーでも脱毛ができることが分かってもらえたかと思います。

ムダ毛の自己処理はトラブルの元。

ですから、サロンやクリニックで脱毛を検討してみましょう。

脱毛したらアトピーが改善した!という人も多くいますよ。

無料カウンセリングで肌チェックが受けられたり、お試しプランがあったりするので、気になる人はサロンやクリニックに問い合わせてみてください。

-脱毛Q&A

Copyright© 痛くない脱毛サロンおすすめランキング2019|痛くない医療脱毛、永久脱毛って可能? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.