脱毛Q&A

VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)にはどんなメリットがある?施術の流れは一体どうなってるの?

更新日:

脱毛サロンの施術の中でも、特に人気のあるのがVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)です。

自分ではなかなか処理しづらいVIO部分。また、「サロンとはいえ、VIO脱毛をするのは恥ずかしい」と感じる方もいるかもしれませんが、VIO脱毛にはたくさんのメリットがあるんです。

VIO脱毛には一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

脱毛サロンでのVIO脱毛の流れは一体どうなっているのでしょうか?

VIO脱毛にはこんなにメリットがある

衛生面で良い

まず、VIO脱毛をすると衛生面において非常にメリットがあります。

VIOラインは体の他の部分に比べて、毛も太く、密集しています。

また、元々雑菌など繁殖しやすい部分でもあり、さらに下着を着けているので、蒸れてかゆみやかぶれ、ニオイの原因になることもあります。

VIO脱毛をすることで、毛の量を減らすことができるので蒸れを防ぎ、その他デリケートゾーンのトラブルを減らすことができます。

下着、水着などオシャレを楽しむことができる

次に、オシャレを楽しむことができるというメリットがあります。

VIOの処理をしていないと、ムダ毛がはみ出しているかが気になって、水着や下着のオシャレも楽しめませんよね。

せっかく可愛い水着や下着をつけていても、これでは台無しですよね。

VIO脱毛をしておけば、ムダ毛を気にせずに下着や水着を選ぶことができて、オシャレがとても楽しめます。

愛する男性からの好感度が上がる

そして、VIO脱毛をすると男性からの好感度もアップします。

実は、男性の多くが、自然のままに生えているVIOラインのムダ毛には、あまり好感を持っていないというのが現実なんです。

海外ではVIOの脱毛は当たり前で、日本の場合でも、適度にケアされているVIOの方が、生え放題よりも好ましいと思う男性は多いです。

VIO脱毛をすると、男性からの印象も良くなり、より愛されることでしょう☆

VIOの自己処理はダメなの?

VIO部分は面積もそれ程広くないので、簡単に自己処理ができそうと思われるかもしれません。

しかし、VIO部分の自己処理はとても難しく、トラブルを招く可能性があるのでオススメできないんです。

見えにくい部分だから処理がしにくい

その理由は、まず、VIOは確認しにくく、見えにくい場所なので、自己処理自体が難しいです。

自己処理脱毛は自分の目で直視しておこなうのが望ましいのですが、VIOラインは鏡などで確認しながらおこなうので、処理がとても難しいです。

皮膚が敏感で薄く、傷つけやすい

また、VIOラインは元々皮膚自体が敏感な部位なので、毛抜きで抜くなどで自己処理をすると強い痛みが伴う場合もあります。

激しい痛みに耐えながら自己処理をしなくてはなりません。

さらに元々見えにくい位置なので、肌自体に傷をつけてしまう恐れもあります。

皮膚の弱い部分をカミソリやシェーバーで脱毛することで肌を傷めたり、抜いた毛穴に細菌が入って炎症を招いたりなど、思わぬ肌トラブルも引き起こす可能性があります。

また、下着の摩擦により色素沈着を起こしやすい部分でもあり、自分で脱毛すると、さらにそれを悪化させる可能性もあります。

VIOの自己処理にはデメリットが多いので、脱毛サロンで行うことをオススメします。

VIO脱毛はどのような流れで行うの?

脱毛サロンでVIO脱毛を行う場合、事前に自己処理をしておく必要があります。

脱毛サロンの施術前の自己処理は施術による危険を回避する為に必要です

VIOはデリケートな部分なので、シェーバーを使用して自己処理する方法がオススメです。

基本的には残したい部分はそのままにし、脱毛したい部分をシェーバーで処理する必要があります。

ただし、Oラインだけは自分で手が届きにくいので、シェーバーを持参すると、サロンスタッフが処理をしてくれるという店舗もあります。

事前処理を済ませた後の施術日当日は、脱毛サロンに着いたら、下着を脱いで、サロンで指定された下着に履き替えます。

この下着は普通のパンツタイプであったり、Tバックのものであったり様々です。

そして、施術はVIOそれぞれの部分別に行いますが、下着をずらしながら施術をするサロンが多いです。

施術部位にジェルを塗り、照射していきます。

施術後はアフターケアとして保湿などをおこない、終了です。

VIO脱毛は他の部位に比べて時間も短く、施術自体は30分程度で終了する場合がほとんどです。

ディオーネのVIO脱毛

施術中はどんな体勢なの?恥ずかしくない?

Vライン、Iラインの施術は仰向け、Oラインの施術はうつ伏せで行うことが多いです。

Vラインは寝ているだけで良いのですが、Iラインは片足を横に上げるような感じに軽くM字に開いて行います。

Oラインは四つんばいになるところや、横向きになるところもあります。

VIOラインの脱毛は恥ずかしいと思われるかもしれませんが、施術スタッフはプロで、何度もおこなっているため、リラックスできる雰囲気の中、進めてくれます。

接客についても学んでいるので、緊張をほぐしてくれるような会話や雰囲気作りをしてくれるでしょう。

ですから、安心して施術を受けられます。

VIO部分の脱毛は痛そう…、でも大丈夫。痛くない脱毛サロンがあります

先ほど、VIO部分は肌が薄く敏感な部分だとお話ししましたが、脱毛サロンの光脱毛の施術でも痛いという人もいます。

光脱毛の施術で、「ゴムをはじいたような痛さ」という表現をよく使います。

しかし、痛みを感じる人もいれば、それほど気にならない、全く痛くないなど、人それぞれでどうしても個人差が出てしまいます。

痛みが気になるという人は、最新鋭の脱毛機器を有する、痛くない脱毛サロンの利用をお勧めしています。

一般的な光脱毛と比べると、当てる光の力、照射量が少ないので、痛みが抑えられておすすめです。

※痛くないのでムダ毛に悩む子供の脱毛にもおすすめです。

痛くない脱毛、「ハイパースキン法」で脱毛するサロン、ディオーネ(Dione)

ディオーネVIO

-脱毛Q&A

Copyright© 痛くない脱毛サロンおすすめ紹介.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.